保育士の求人に応募するときのポイント|事前に情報収集をしておこう

履歴書

子供が大好きな人なら

街

子供に関わる仕事

子供に関わる仕事といえば幼稚園の先生や保育士が真っ先に思いつきます。他にも看護師や教師など数えればキリがありませんが、子供が好きな人なら先の二つが「なりたい職業」のトップ2に挙がるでしょう。幼稚園教諭は短期大学や大学で幼児教育科を卒業し教育実習を履修して初めて資格が与えられますが、保育士は年に一度行われる国家試験に合格すれば独学でも教育実習を履修していなくても取得することができますので、今からでも目指すことが可能です。また保育士ならば専門学校を卒業することで自動的に資格が付与されるところもあるので、資格取得を目指す方はどちらにするかよく考えて選択することをお奨めします。何故なら独学や通信教育で資格取得を目指すのは合格率10%未満の狭き門だからです。学校を出てからの就職を目指す方は学校から求人を斡旋してもらえるのもメリットの一つです。

資格が取れたら

学校を出て保育士資格を付与されたり、または国家試験を受けて保育士資格を取得したり、様々な形態で保育士は誕生しますが、いざ現場に出てみるとそんなことは問題になりません。のびのびと楽しく真剣に子供に接すれば何の問題もありませんので安心してください。資格が無くても求人に応募することもできますので働きながら資格取得を目指す方もたくさんおられます。アルバイト求人であれば資格があるのと無いのとで100円程度、時給に差が出ます。ですが、資格の有無に関わらず求人事態はたくさんありますので、就職にはまず困らないでしょう。ただ、子供の命を預かる責任重大な職業ですので、とてもやりがいのあるお仕事です。

Copyright© 2016 保育士の求人に応募するときのポイント|事前に情報収集をしておこう All Rights Reserved.