保育士の求人に応募するときのポイント|事前に情報収集をしておこう

仕事

保育の仕事とは

履歴書

子供の数は減少してますが、核家族化により身近に子供を預ける事が出来ない親が増えています。また共働き家庭の増加により、保育士の求人の需要は高まっています。幼稚園や保育園だけでなく病中病後保育などベビーシッターの需要も高まっていまるのです。

» 詳細

不安を解消するために

面接

保育士の求人は、求人誌などではなく職業安定所やネットで探すことができます。募集人数も地方では1人というところもあり倍率は高くなっていますが、様々な施設に目を向けるところで興味を持つところも増えたり視野が広がってくるはずです。

» 詳細

子供が大好きな人なら

街

保育士は子供の命を預かる責任重大な職業です。資格取得方法も様々ですが、その責任の重さを充分に理解し、なおかつ子供が好きと思える人は求人に応募してみると良いでしょう。ただ、保育士は本当にやりがいのある素晴らしい仕事ですので、是非とも資格取得に挑戦されることをお奨めします。

» 詳細

保育園の仕事と待遇

勉強

応募に関しての注意点

子供が好きで子供の笑顔を見ていたい、世話したいという人が選ぶ仕事と言えば「保育士」です。保育士と一言で言っても実はその世界は広いのです。小さな託児所のような場所もあれば民間の保育所もあります。もし求人で保育士の募集を探す際に気をつけなければならないのは立地、規模、求められるスキル、お給料です。資格を持っていたとしても経験者でなければ取らないところもありますし、逆に未経験のみを募集しているところもあります。また産休の代わりなど期間的な縛りがある場合もある為、正社員かパートかという雇用もチェックするポイントです。給与に関しては基本的には公務員なのでボーナスで多めに支給し、月給は低めに抑えるところが多いため、お給料内容についても事前に要確認です。

お得な情報

保育士はお給料が基本的には低めな為、求人を出しても人が集まらなかったり、採用してもすぐに辞められるといった問題が発生しています。しかしながら、政府も対策を打ち出しています。例えば、とある地域では保育士で働いている人にはお給料と別に地域から「住宅手当」が出ています。低給与のデメリットを解消する対策で実際に人員不足の地域に喜んで保育士さんが引っ越すといった良い状況になってきています。他にも午前と午後でシフト制に分けるなどフルタイム以外の雇用も提供する事で主婦世代の復職にも良い流れを起こしています。働く選択肢や時間帯の融通がきくと求人に応募する人も増えるため、良い結果を生み出すのです。体力的にハードな保育士の仕事も時間や人の配分を効率よくすれば求人に応募する人は増えるのです。

Copyright© 2016 保育士の求人に応募するときのポイント|事前に情報収集をしておこう All Rights Reserved.